三度目まして!クランのゆるい昼スタッフ、ちなです。

クランのスタッフブログが始まり、毎日何を書くべきなのか悩む日々です。

あんなこと書いてよ!クランのこういうとこ知りたい!

というネタ提供お客様方のあたたかいご意見ご要望の声いつでもお待ちしております!

というわけでとりあえず今回は、あの懐かしいパズルゲームについて書かせていただこうと思います。

パネルでポン(SFC)

パネルでポン

知らない方も多いでしょう。長くなりますが説明させてください。

知っている方は嫌というほど知っているでしょう。あーはいはいと思いながら読み流してください。

今から20年以上前にSFCから発売されたアクションパズルゲーム、通称パネポン

テトリス、ぷよぷよの影で・・・

パズルゲームとしての認知度はとても高いとは言えないこのゲーム。

しかし!ぷよぷよやテトリスのような有名ゲームたちの影で、

隠れた名作パズルゲームとしてひっそり根強く遊ばれているゲームなのです。

クランに何度か足を運ばれたお客様ならひょっとすると他のお客様がプレイされているのを見かけたこともあるかもしれません。

他のパズルゲームとどう違うの?どんなゲーム?

パネポンゲーム画面

パネルでポンはカーソル内の左右に隣合う2枚のパネルまたはパネルと空間を入れ替え、同じ柄のパネルを縦か横に3枚以上並べて消す・・・

と書くとなんだかややこしいですが、要は隣同士並んだパネルを入れ替えて、3つ以上揃うと消えますよ!ってことです。

時間経過でパネルがせり上がっていき、天井にパネルがつくと負けとなります。

そのせり上がるスピードに負けないようにひたすら消すことになるのですが、それだけではなかなか対戦相手は倒せません。

対戦相手を攻撃しなくてはなりません。その為にどうすればいいか・・・

そう!お邪魔パネル!パネポンの奥深さの一つ目はお邪魔パネルを送りあうシステムにあります!!!!

ここがすごいよ、パネルでポン!その1

連鎖が凄い。パネポンでは他のパズルゲー同様連鎖があります。

連鎖を組めば組むほど相手に送るお邪魔パネルの数が増えるので、連鎖は組めるにこしたことはありません。

しかし普段パズルゲーをやらない人間にとってこの連鎖を組むというのが敷居が高い。

その敷居をぐぐっと下げてくれるのがアクティブ連鎖の存在です!

アクティブ連鎖とはなんぞや

パネポンプレイ画面

アクティブ連鎖。つまりアクティブに連鎖を組めます(๑• ̀д•́ )✧ドヤッ

ぷよぷよ等ではあらかじめ連鎖を仕込んでおいてそれを発火させて戦いますね。

連鎖の最中は操作不可能。待ちの時間です。

パネポンではその連鎖の最中もパネルの操作が可能なので攻撃を送り続けることができるのです。

仕込み無しでもどんどん連鎖を後から作っていける。まさにアクティヴ!!連鎖!!!!

これによって先の事を考えることが苦手で行き当たりばったりの人生を歩む私のような人間でも

その時その時でパネルをちょちょいと入れ替えたりするだけでたくさんの連鎖を組むことができるのです。

恐ろしく爽快感のあるゲームです。わー!たーのしー!

ここがすごいよ、パネルでポン!その2

お邪魔パネルからのカウンターが凄い。なんならカウンターだけでも勝ててしまう、それがパネポン。

お邪魔パネルに面したパネルを消すと、お邪魔パネルが通常のカラーパネルに変化してフィールドに降り注いでくるのですが
その降り注いでくる先に、あらかじめパネルが3つ連なるように置いておくと元お邪魔パネルだったカラーパネルとくっついて消えるのです。しかもそれが連鎖扱いになるのです。

お邪魔が連鎖に変化して攻撃に転ずる事ができるので一瞬の油断から形勢逆転も起こりやすいゲーム、パネルでポン。
まさしく神ゲーですね。

ここがすごいよ、パネルでポン!その3

そんな神パズルゲーであるからこそ、20年以上経った今でもゲームバー界隈で根強く遊ばれています

これほど発売してから年月が経ってるのに、今もこんなに楽しめるだなんてパネポンは凄い。恐ろしい子・・・!

もちろん私も大好きです。モンハンが発売する前はパネポン担当の人と思われていたようで、クランスタッフにしてクランの画伯、ちほちゃんに書いてもらったツイッターアイコンはパネポン仕様です。

先に言っておきますが、どえらく可愛く書いてもらっておりますので

こんな可愛いスタッフおらんやんけ!というクレームはご遠慮ください。
パネポンアイコン

パネポンをやり始めると止まらなくなってしまい、

SFCの方が処理落ちフリーズさせてきてストップをかけてくる始末です。

そんなところもスーファミの愛おしいところですね。
処理落ちでポン

パネルでポンで交流

そんな神ゲー、パネルでポン。隠れプレイヤーの方もいらっしゃるようで

ネット対戦機能が無い為、対人相手がなかなかいないということで、

遠方の方では、わざわざ鹿児島から遊びに来てくださった方もいらっしゃいました。

まに系列店のお客様の殴り込み()や、クランパネポニストとカティパネポニストのお客様がプチパネポン交流会を繰り広げている事もあります。
パネポンで交流
昨年度末行われた1UP、カティーナ、クランの合同忘年会でも
2次会のゲーム大会の競技として選ばれたゲームタイトルでしたしねw
忘年会でパネポン

昔パネポンを遊んでいた方も、これを読んで少しでもパネポンに興味をもってくださった方も、
良ければクランに対戦相手を探しに来てみませんか?

@ちな


 

このゲーム(これらのゲーム)を当店をプレイできるということではありません。

当店では、ゲームハード及びゲームソフトの貸し出しは行っておりません。

プレイされる場合はお持ち込みでお願い致します。


ゲームバーClan メディア情報

営業時間:全日 13:00〜翌5:00

住所:〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-8-33
アメ村スクエア大阪センタービル3F
GoogleMapを表示する

電話番号:06-6282-7636

Twitter:@gamebarclan

LINE@:@gamebarclan